ペガサス情報局

精神(こころ)も身体も何より健康が大事

*

マラソンや駅伝の季節がやってきた!

   

風が吹くと 朝の散歩が しみじみとして来ます。

昨晩の強風で 大きな枝が何本も公園に落ちていました。

寂しくなっちゃうじゃないか?

でも そんな中 情緒も感じます。

ここは昔でいう武蔵野ですから 国木田独歩の世界観です。

落ち葉を踏みしめる 秋から冬への 季節感

宮沢賢治や北原白秋のコート姿

萩原朔太郎の前橋の寂寥感

あの時代は 確かに現代より 人々の暮らしは

貧しかったし 先行き感も暗かったでしょう。

でも今の変な明るさや 嘘っぽい暮らしは

ややもすると 危険かもしれない。

なぜ あの時代の寂寥感や薄暗さに惹かれるのだろうか?

一様に寂しそうですよね? 気のせいかな?

もっと前の 江戸時代の方が ずっと明るいでしょ?

江戸城周辺のスケールの大きさは 職場のある飯田橋にいても

お濠があったり 石垣があったり 皇居までの距離を考えると

今より ずっとスケールが大きい!

だって 運河クルーズ で秋葉原~羽田空港 まで行けるんですよ。

江戸城の石垣だって 半端ない半径で造られている。

人々の暮らしだって ずっとユーモアに溢れて楽しげに

暮らしているように見える。気のせいかな?

まっ いずれにしても箱根駅伝をはじめとした

観るだけの マラソンや駅伝を これからの季節楽しむつもりです。
20151025_062708 (1280x960)

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
動かないと始まらない!
no image
沖縄基地問題 もっと真剣に全国民で
no image
リオも東京もオリンピックあぶない?
no image
スーパームーンが楽しみ!
no image
満開の桜とリラックス健康法
no image
吉川晃司の新アルバムと影響力に期待
no image
政治家になりたい気持ちがわからない
no image
そして花粉症がやって来た!
no image
アカデミー賞と若い才能
no image
12月8日 加藤喜一 原宿Ustreamテレビ