ペガサス情報局

精神(こころ)も身体も何より健康が大事

*

ラジオ体操の歴史

      2016/01/02

 

産まれたばかりの赤ちゃんが

母親と一緒に無事に退院できるかどうかは

結構大事な問題でして これがスムーズにいくのと

いかないのとでは大きな違いがあります。

一週間たっても2300gではなかなか許可は下りないかもしれません。

どちらにしても先生の指示に従うほかはないので

運を天に任せる 感じです。

そんな一日でしたが 病院のすぐ隣の公園に

日向ぼっこに行ってきましたが その隅にこんな看板を見つけました。

「ラジオ体操 発祥の地 大塚公園ラジオ体操会」

ふと思いました。

小学生の夏休み 毎日ハンコを押してもらいながら

通った ラジオ体操っていつからあるものなんだろう?って

ラジオ体操の歩み

昭和26年~28年の3年間に ほぼ今のラジオ体操が

広まって行ったということみたいです。

なんと自分とほぼ一緒の歩み ということは

民放のテレビ放送とも 一緒ということで

親近感を覚えます。

今でも毎朝 体操に出かけて 目を醒ましていますが

これがないと一日が始まりません。

雨の日でも台風以外は マンションの入り口まで降りて

人目もはばからず 体操をしています。

健康な一日の始まりは 起きぬけの一杯の白湯と

自分考案のオリジナル体操です。

体操と言えば 世界体操の内村選手 さすがですね!

スケートの羽生選手は SP6位と 意外なすべり出し

でも余計に明日の演技が楽しみになりました。

逆転優勝?さすがにちょっと難しいですかね?

20151031_143841 (1280x960)

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
冬至 ゆず かぼちゃ 原発?
no image
医師が明かす健康診断の無意味さ
no image
吸引する水素水を体験
no image
睡眠専門医のあるある快眠術
no image
新月とイチローとマーリンズ
no image
プリンスとマイルス 原発とチョコレート
no image
新商業施設続々誕生
no image
Googleの知らなかったサービス
no image
東京物語の原節子さん 逝く!
no image
緑の日 京都で宿は取れません。