ペガサス情報局

精神(こころ)も身体も何より健康が大事

*

マツダミヒロさん 立花岳志さん

   

錦織 vs ジョコビッチ

仕事を見事にサボりながら テニスの試合を観戦

ジョコビッチ 強い!

錦織選手も ここまで順調に勝ち進んできたけれど

太ももに違和感があったみたいでテープぐるぐる巻きにしてましたね。

ちょっと辛そうでした。でも今は実力が大分違う気がする。

今 錦織がジョコに勝つには 技術面じゃなくて メンタルです。

ジョコが自分のミスに苛立つ時の仕草を彼は自分でわかって研究している

ような気がする。

錦織選手がミスをした時の口惜しがり方は 単純すぎる。

傍から見ても ジョコビッチの仕草にはどことなくユーモアがある。

あれは自信から来る余裕です。その辺を錦織選手がつかむと もっともっと

いい試合になる筈。

自分を知る 極めることの難しさ

マツダミヒロ

でもこの人はなんなくクリアしていく。

2016年のマツダミヒロ

このひとにかかると 運命がいやでも好転していく感じ。

この余裕 どこから生まれてくるのか?

観ているこちらまで ほっとしてくる。

なんだあわてることないじゃん みたいに。

ガチガチに自分と競わなくても良い。

でもみんなが皆 ミヒロさんのように普段から振る舞える訳ではない。

どちらかといえば私なんかは このような格言が欲しい人間

媚びない人生を生き抜く

立花岳志さんのブログをお借りしますが

「従順な羊ではなく野良猫になれ!」の

ジョン・キムの著書ですね。

自分に対する絶対的な信頼 の確立

が必要だという。さらには、

「今この瞬間を最後だと思い、燃え尽きるように生きること。そして最後は自分に残されたすべての夢も欲も愛も使い尽くし、何も残されていない絶望の中で死ぬ。それこそが、美しい人生であると私は思う」

これ美しい文章ですね。

達観というか 欲を超えた世界観

本当に普段から 瞬間瞬間を生き切ることが出来れば この域に

到達出来るんだろうが 至難の業であることも必定。

だから 瞬間瞬間に賭ける 極限の世界のスポーツは

魅かれるものがあるのでしょう。

スポーツ競技のように 文章も書かなければいけない?!

20160126_065454 (1024x768)

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
フリーエネルギーの時代到来!
no image
安全な健康を掴み取る「元気の学校」
no image
12月8日 加藤喜一 原宿Ustreamテレビ
no image
LINEの上場 おめでとう!
no image
安保法案成立の日に加藤喜一ライブ!
no image
まずは自分の廻りの幸せを!
no image
牛乳 水 ペットボトル茶
no image
目標というより方向性
no image
加藤喜一ライブとスプーン曲げ
no image
吸引する水素水を体験