ペガサス情報局

精神(こころ)も身体も何より健康が大事

*

ロコモチャレンジ 健康寿命を目指そう!

   

大逆転勝利

昨晩 深夜のサッカー日韓戦を皆さんはご覧になりましたか?

真剣勝負のスポーツの面白さを堪能しましたね。

正直なところ 後半戦開始直後の失点で0-2となった時

日本のファンの誰もが 「これはまずいぞ!」と思いましたよね。

解説の松木さんの「いやあ なるべく早いうちに1点返せればかえって

いい展開になるんですよ。」という言葉が空しく響きました。

でもその言葉通り まさかまさかの大逆転 3点連取の鮮やかな勝利に

酔い痴れました。

ジョコビッチ絶頂期

そして現在は 全豪テニス ジョコビッチ vs マレー の決勝戦

二人の身体能力の高さ 惚れ惚れしますね。

ジョコビッチの強さが際立つ展開ですが 最先端の域にいる選手達の

能力が欲しいわけではなく これからの日常生活に支障を来さない程度の

自分のカラダを維持したい訳です。

ロコトレ

タイミング良く今朝の読売新聞の朝刊に あの陸上競技400mhで活躍した

為末 大選手が「ロコモチャレンジ」と題した広告のインタビューに

登場していました。

「ロコモティブ・シンドローム」

いわゆる自分のカラダの自由が利かなくなる 傾向

そこで普段からそうならない予防のために 「ロコトレ」という

きつくはないが 確実な基本的な運動を欠かさずに身体能力の保持に

努めるというトレーニング。

ロコモ チャレンジ

読売新聞にはスクワットの大切さと片脚立ちのイラストも載っています。

ロコモ度テストもあって 現在の自分のカラダの傾向も知ることができます。

日本の現在の平均寿命は 実は寝たきりの老人の延命治療も考慮しての

数字だということ 健康寿命だけで今の平均寿命を保てるように

ロコモチャレンジに努めましょう ということです。

また 人間のカラダにある「器」つまり

①呼吸器(気管や肺)

②循環器(心臓や血管)

③消化器(胃や腸)

そして今回の

④運動器(骨・関節・筋肉・神経)

運動器は自動車に例えると 車体やタイヤのようなもの

どのパーツが壊れてもカラダはうまく動かなくなります。

いつの間にか自分の歳のせいにして 動きが鈍くなるのは仕方ないと

多寡をくくっていると ひとつの箇所の不具合で 全体がおかしくなる。

日本国民全体で健康寿命を伸ばす努力をしていかないと

今度は国がおかしなことになる。

医者にかからずに健康寿命を全うして

コロッと逝く人生を目指しましょう。

20160131_121044 (800x600)

 

 

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
スーパームーンを観ながら辻井伸行さんの演奏を楽しむ!
no image
イオンがモバイル事業に本格参戦!
no image
テレビよりも緑茶のパワーを!
no image
建国記念の日 オリンピック サグラダファミリア
no image
名言セラピー 早起きの有効性
no image
ソマチッド治療法 実現か?
no image
下町ロケットとシャンパン
no image
霧と靄の違い?
no image
大阪 難波の元気をもらおう!
no image
謎 出逢いがすべて