ペガサス情報局

精神(こころ)も身体も何より健康が大事

*

マスコミはマスゴミになるな!

   

マスゴミ

休みで 家にいると 当り前ですが 熊本のニュース

嫌ではないんですが 情報番組で 状況を知りたいのは

当り前ですが なんだか おかしな気分になって来ます。

例えば こんなこと

マスコミは自粛せよ!

確かに ここぞとばかりに 我こそ一番とばかりに

瀕死の人達の状況など お構いなしに 騒がしい。

このことは あの阪神淡路大震災の時にも 問題になっていた筈。

NHKでは 放送中にまさに 同様のFAXを読み上げたそうだ。

「あさイチ」でマスコミ批判FAX 紹介

さすが 有働由美子アナ やるじゃないですか?

マスコミ各社は 共同して取材自主規制の打合せをして欲しい。

週刊誌じゃないんだから 誰もあんたのトップ記事なんか知りたくもない。

真実

こんな現地の人の不満も噴出してくる。

支援物資の不足訴える投稿

映像で流れてくれば 観ている人は洗脳状態 信じてしまう。

こんなことを いつまでも繰り返していてはいけない。

東日本大震災の時のように 津波と原発の心配がない?から

まだしも 被災地の人にとっては 関係ない。

70万食を自慢げに発表するんではなくて 速やかに出来ることから

どんどんやってください。

このままじゃ 5年前と同じ こっちの調子がまたおかしくなる。

でもね 池田貴将さんが こんなことを 呟いています。

ーーーーここから

池田 貴将

結果がでる人と、出ないひとの違いは、
「調子がいいとき」ではなく、「調子がわるいとき」に出る。
 
結果がでない人ほど「調子がいいときは動ける」と、
調子がいいときのことを話題にし、
 
結果がでる人ほど「調子が悪いときにどう動くか」と、
調子が悪いときに自分が動くことに気を配っている。
 
調子がいいときに差がうまれるのではなく、
調子が悪いときに、進めた人と、進めなかった人。
 
その積み重ねが時間が経つほど積もっていくだけ。
 
調子が悪いときに、どれだけ動けるかは、
「根性」「気合い」の問題ではなく、
「自分のことをどれだけ知っているか」にかかっている。
 

※明日はメルマガ配信です。
今をどう生きるかについて書きました。
 
http://ikedatakamasa.jp/mailmagazine

ーーーここまで

自分のような弱い人間には きつい言葉ですが

事実なので 頭が痛いです。

ウォーキングの途中で ハナミズキの花に癒されました。

20160418_170848 (800x600)

 

 

 

 

 

たまたま 有名人になっていた くまモンですが

今のところ あまり 活躍の場が なさそうですね。

がんばれ!くまもと!

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本人の 人類のルーツは?
no image
睡眠専門医のあるある快眠術
no image
SMAP 嘘 グレン・フライ ならず者
no image
吉川晃司の新アルバムと影響力に期待
no image
テレビよりも緑茶のパワーを!
no image
読書通帳 素敵なアイデア
no image
リオも東京もオリンピックあぶない?
no image
牛乳の真実!
no image
きちんと正しい歴史を知りたい!
no image
ケネディ暗殺の真相