ペガサス情報局

精神(こころ)も身体も何より健康が大事

*

名言セラピー 早起きの有効性

   

女子バレーボール

何とか オリンピック出場を決めた 女子バレーボール

イタリア戦には結局勝てなかったけど 2セットを取った時点で出場が確定

よくイタリアから2セットも取れました。

こんなに頑張れる人達って いったいどんな精神構造なんでしょう?

とても真似できないから うらやましい限り

「頑張る」ってなんだろう? 目的に向かって突き進む?

目的、目標があるから 頑張れる?

目的、目標がない人は やっぱりだめか?

いつの間にか 具体的な目標を立てる生活なんて してないなあ?

だからって 死ぬまで このままでいいや なんて 思っているわけでもない。

前を向いてはいる 前進したいとは思っている

前進ってなんだろう? なにがどうなれば 前進なんだろう?

そこは やっぱり具体的な何かが 介在してこないと はっきりしないなあ?

たとえば それは モノとか 数字とかでなくてもいいのかな?

ひすいこたろう

こんなのはどうですか?

名言セラピー 武力→お金→時間

ひすいこたろうさんの著書は昔から 示唆に富んでいて 昔から 大好きですが

これからの時代 時間の使い方に重きが置かれる。

大前研一さんが こんなことを言っているそうです。

「人間が変わる方法は3つしかない。

ひとつは時間配分を変える。

2番目は住む場所を変える。

3番目は付き合う人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。

もっとも無意味なのは『決意を新たにする』ことだ」

そして ひすいこたろうさんは この3つの中で 明日からすぐに変えられるものは 時間配分だけである

とおっしゃっているわけです。

なるほど 確かに正解ですね。

で このぐうたらな性格を変える一番手っ取り早い方法が 朝の時間の使い方ということでしょう。

今も 目覚めたら まず 白湯を飲んで 朝の散歩と体操をしに とにかく外へ出る。

この習慣は 身についているんです。

あとは その行動をもう2~3時間早めるということです。

これがなかなか 難しそうですが 確かにここを変えない限り 自分は変わらない。

とにかく 大層な目標がどうのこうのより 「早起きの習慣」という結論でした。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
綾瀬はるかの誘いを断れる?
no image
政治家になりたい気持ちがわからない
no image
昭和の日 ゴールデンウィーク
no image
いまここの心理 いまここ塾
no image
ピンクムーン こと座流星群
no image
温める 腹8分目 そして呼吸
no image
ペンギンのジンジン また会いに来たよー!
no image
失くした手帳
no image
選挙結果より自分のことを
no image
スターウォーズ フォースの覚醒 デイジー・リドリー