ペガサス情報局

精神(こころ)も身体も何より健康が大事

*

敢えてガンに病気に感謝!

   

闘病

小林麻央さん 大変ですね。

本来なら 幸せの絶頂期に 自らの「死」を覚悟する。

どんな気持ちでしょう?

ガンって何なのでしょう?

とても不可思議な病気

お子さんたちが まだ小さいことが 余計に辛いです。

そしてすぐにメディアは大騒ぎ

他人が不幸のどん底に落とされようとしているときに

まるで お祭り騒ぎ

デリケートな気遣いがまるでない。

ガンだ ガンだ 大変だ 末期だ 闘病だ

そう この何かというと すぐに病と闘うという姿勢

そうしなきゃいけない 負けてはいけない という情勢づくり

病気とは 本来 闘ってはいけないんです。

ましてや ガンみたいな特殊な病には 戦いを挑んではいけない。

樹木希林さんを 見てください。

最高の例が すぐそこに厳然としてあるのに

誰も 深堀しようとしない。

希林さんは ガンと闘ってはいない。

むしろ ガンになったことを 感謝さえしている。

もともと 病気になるということは 気付きであるから。

私も過去 死にかけたことが 3度ほどある。

1度は 不注意の交通事故

2度目は 偏食によるコレステロール値 高騰による半身不随

そして 3度目は 心臓 この時ばかりは 本当に「死」を覚悟した。

長時間の手術により 回復

あれ以来 タバコを吸っていない 吸いたいと時々 ふと思うこともあるが

全然 我慢できる。

それは 死にたくないから。

人間 誰だって 「死」を突きつけられたら 死にたくない。

自殺願望者だって ふいに「死」を強要されたら 抵抗するはず。

病気は 普段当たり前に過ごしている 「健康」を強烈に

意識させてくれる。

感謝

だから そのことに気付かせてくれた病気には 「感謝」なんです。

そして 回復して蘇ることができたら なおさら その時は

「感謝」なんです。

だから 病気とは闘ってはいけないんです。

こんな 当たり前の感情を 健康な人々は いつも忘れている。

ガンになったら 感謝して ガン細胞と お友達になってやってください。

恨んだりしちゃ絶対にダメなんです。

麻央さん 家族のために 今からでも ガンに感謝してください。

闘っているうちは 治りません。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
今頃観ました「真夏の方程式」
no image
私たちの仕事は本当の自分を見つけること
no image
バシャールから人類へのメッセージ
no image
残り2ヵ月で見つけます!自分の欲しいもの!
no image
1憶総活躍相?
no image
コンビニシステムvsオーガニック志向
no image
まずは自分の廻りの幸せを!
no image
生活習慣はやめられない病気
no image
世界終焉の10のシナリオ
no image
細胞の不思議!あなたの境界線はどこ?