ペガサス情報局

精神(こころ)も身体も何より健康が大事

*

父の日 小椋佳コンサート

   

父の日

「父の日」に父に会いに行けず ごめんなさい。

昔からの 自分の親不孝ぶりに あきれています。

なんだかんだ言っても 平和すぎる日本で

生きていられるだけでも 幸せだと思わなきゃ

それなら なおさら 親孝行を 生きているうちに

しておくべきなのに なかなか 今1歩が踏み出せない。

AKB総選挙

前日には どうでもいい AKB総選挙なるものを

テレビで のんびりと観ている。

1位になった人の インタビュー というか

1位になった感想を 延々と 語っている。

いかにも 平和すぎる こう言っては 可哀想だが

あまりにも どうでもよすぎる その弁舌に

ああ ニッポン あやうし と思った。

それは 語っている彼女に対しての悪口ではなく

あの程度の おんなのこ は 当たり前に存在するし

ごく普通だと思うから。

そうではなく あんな内容の テレビ放送を 堂々と

みんなが 楽しんでいる ニッポン が あぶない からです。

参議院選挙? 18歳からの投票権? うーむ?

いや 信じよう! 自分のあの頃より 今の若者のほうが進んでいると。

高校生の頃からの 自分の中に イキイキと生きている

様々な歌の数々 その中のひとりの代表選手 小椋佳さん

今年72歳に なるそうです。

小椋佳

コンサートのタイトルが「老い猿」

年男の申年 その猿に懸けてもいるが もう今更追わざる にも懸けているそう。

成程 です。

20160619_164654

いまでも 低音の魅力で 歌は抜群にうまくて

荒木一郎さんの 「空に星があるように」とか

堀内孝雄さんの 「遠くで汽笛を聞きながら」など

自分の持ち歌?でもある曲を 朗々と歌ってくれました。

もちろん 美空ひばりさんの「愛燦々」も。

アンコールにも 老齢に鞭打ちながら(本人談)

応えてくれましたが

最後は それでは みなさん 「さよなら」と

あっさりと ステージを去る姿が

引きづらない大人の魅力に あふれていた。

人生の儚さを ちゃんとわかっている 大人たちのコンサート

それにしても みなさん 行儀がよすぎるんではないでしょうか?

朝のテレビでやっていた 鳥取県の「砂の美術館」に行ってみたい。

遺すための作品ではなく 取り壊すことが前提の作品群

はかなくて 引きづらない 魅力  共通項

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
人工 迷彩 ラップ 神社
no image
「9」にまつわる数字のマジック
no image
昭和歌謡ストリート in 中野坂上 Live bar aja
no image
動かないと始まらない!
no image
オバマさん広島訪問の記念日
no image
子供の日に貴重な経験
no image
安保法制施行の日 よみうりランドに遊ぶ
no image
指ヨガが腰痛、肩こりに効く
no image
EW&F 追悼モーリスホワイト
no image
明日は参議院選挙投票日です