ペガサス情報局

精神(こころ)も身体も何より健康が大事

*

薬よりまずは自己治癒力

   

昨日 孫のおねしょの件で なんでもすぐに

医者に言われた「薬」を6歳の子に飲ませるのは

如何なものかといったテーマで 書きましたが

あの 船瀬先生がご自身の船瀬図書館で

やはり こんな著書をご紹介してくださっています。

薬があなたの体をダメにする

もちろん 病名は違いますが

健康志向の話に 極端に弱い 日本人は昔から

コレステロールや 血圧や 血糖値と言った業界の言葉に

敏感に反応し 飲まなくてもよい「薬」を飲まされてきたし

CM業界も なんだかんだと テレビコマーシャルで騒ぎ立てる。

メタボ基準だって 怪しいものです。

自己治癒力

さらに言えば なぜ 自分で治そうとしないのか という

当たり前の考え方が 出来なくなっているということ。

自己治癒力を信じる考え方が なかなか根付かない

怪しい世界と思われる 「薬」の世界は科学的だと思い込まされている。

「病は気から」 は本当だった!

『結局は何を使ってもがんは消せるってことが分かってくる訳ですよ。

要するに、治るきっかけだけ、自己治癒力のスイッチが入るだけだということが分かるんです。』

誰にでも効く 「なにか」があるわけではなく 誰にでも 治る「きっかけのなにか」がある

ということ。自己治癒力を バカにしてはいけない。

いつでも 何とかしようと頑張っている 「身体」に なにかのきっかけ さえ

見つけてあげれば ちゃーんと なんでもなかったように効くし治せる。

『理想的な状況をまとめますと、この世的な身体の問題と、あの世的な心、スピリチュアル的な問題を同時に平穏無事にしていかないと健康に向かうには片手落ちになるんです。

目に見える栄養と見えない栄養。健全な食事と幸せですね。』

ほーら 健全な食事(玄米)と幸せ=癒し=ハグ でしょ!

滅茶苦茶 正解ですね。

今朝は 虹で始まりました。 やはり なんとなく うれしいですよね。

ここで 単純に 「なにかいいことありそう」って思えることが大切。

いつも 眉間にしわを寄せて 「俺は哲学者だ」みたいな人は不幸です。

自分のことですけど…。

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

記事DSC_1040
韓国 北朝鮮 やっぱり中国
雲DSC_0195
裸足歩行 久々の経験
戦争51EQrnS+FBL._SX339_BO1,204,203,200_
戦争は奴らが作っている
%e3%83%9f%e3%83%84%e3%83%90%e3%83%81%e2%91%a101550-450x337
ロイヤルゼリーの希少価値
%e5%a4%9c%e6%99%afdsc_0475
日本の水 水道事業を護ろう
桜①DSC_0947
いよいよ正念場が近づいてきた
パンフDSC_1017
体調悪いけど 第2クールはやってくる
dsc_0289
離乳食をつくる難しさ
%e9%81%8b%e5%8b%95%e4%bc%9a%e2%91%a1dsc_0257
頑張らないで実力発揮
新使命417508836.g_400-w_g
4月から治療に専念いたします。