ペガサス情報局

精神(こころ)も身体も何より健康が大事

*

脳1割 腸9割の人生

   

残念

いい男は 早逝しますね。

平尾誠二 53歳

あまりにも早すぎる 潔さ。

なーんにも出来ずに ぐずぐずしている

男もいれば やりたいこと 次々にこなして

さっさと逝ってしまう男もいる。

人生それぞれだけど あまりの違いに不公平さを感じます。

ラグビー強くなった日本の牽引車(者)は彼かも知れません。

先ほども テレビで当時の活躍ぶりが放映されていましたが

あの切れ味するどいプレーは 今もあんな選手いないと

思わせるものです。残念です。

開催地

東京オリンピック 競技の開催地を巡っての駆け引きが始まりましたね。

バッハIOC会長が どうしたことか?

いやにはっきりと 被災地開催を謳ったりしていますが

どうしてかな?と思っていたら やはり 政府関係筋の入れ知恵らしい。

今日突然 ふと感じたんです。東京オリンピック 止めたほうが良い?

というか 意志とは別に なにか とんでもない障害が立ちはだかる?

そんな気がしてきました。

あまりにも 政治が絡み過ぎていて スポーツの祭典と言うイメージが

もうまるで感じられない。こんなことをしていると 罰が当たるよ。

いいです、私はしばらく何も期待せずに 自分の健康に意識を向けることにします。

健康

例えばこんな話。

脳1割 腸9割

■1. 脳の監視がなくても機能できる唯一の臓器

腸は権威に抗するレジスタンスのように、脳からの信号を待つことなく消化という重要な機能を果たすことができる。こうした芸当は、他の臓器はもちろん、あの力強い心臓でさえできないことだ。

これ 格好良いですね。

■2. 1億個もの脳細胞が存在する

腸が自分で判断できるのも驚くにはあたらない。食道から肛門まで続く9mの腸には、無数の脳細胞が存在するのだから。このニューロンの数は脊髄や末梢神経系よりも多いのだ。

本当ですか?

■8. 何を食べたかで腸が気分に影響を与える

様々な食事をチューブを通して腸に与えた実験からは、被験者が何を”食べている”のか分かっていなくても、気分に影響を与えることが確認された。
例えば、脂肪は脳の天然の麻薬であるドーパミン放出の引き金となるようで、幸福感や喜びを増加させる。一方で、炭水化物は、幸せ神経伝達物質セロトニンの放出を刺激する。

なるほどですね。

腸の健康がいかに大事か?

あらためて 教えてもらいました。

 

 - スポーツ, 健康, 社会現象

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

%e6%96%b0smapsuma8-434x300
SMAP SMAP 最終回
新ストレスwork-2005640_960_720
ガンとストレスと性格
空DSC_1084
手術のリスク 聞かない方が良かった
%e6%96%b0%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%9fslider_04
フルタチさん がんばって!
新強い人42281270_480x342
トランプ マティス 本当に強い人?
記事DSC_1125
退位特例法 成立
パンフDSC_1017
体調悪いけど 第2クールはやってくる
%e6%96%b0%e6%bc%b1%e7%9f%b3135d094f2fd81626c1cd1778ce741e64
漱石と忘年会
%e5%a4%95dsc_0344
絶望したら頑張るな 逃げろ
雲②DSC_1130
自分の寿命は自分で決めたい