ペガサス情報局

精神(こころ)も身体も何より健康が大事

*

スノーデンの警告

   

若返り

日本のサッカーも 徐々に

メンバーが若返って 生きの良い選手が

どんどん出てきて 昨日の試合なんか見ていると

頼もしい限りって感じでした。

清武 大迫 原口 みんないい面構えをしています。

個性もあって その分 競争が激しくって

大変なんだろうな と 日本の勝敗ばかりが気になる

素人ファンでも その辺は 野球以上に 選手寿命が

短くて 改めて 三浦カズ選手の凄さが 伝わってきます。

でも 楽しみな選手が 次々に出てきて

なかなかどうして 日本 強いんじゃない?なんて

昨晩の試合を観戦して うれしくなりました。

ゴルフの松山選手 テニスの錦織選手 体操 卓球

陸上 スケート なんでもござれ の感がしてきます。

東京オリンピック やっぱり 実現させてやりたいし

活躍できる選手が たくさんいるんだし 変な大人たちが

邪魔しないで おもいっきり 実力を発揮できる環境だけ

考えてやってほしいな。

憂慮

若い人たちに任せておけばうまくいくものを

変な大人達がつまらない利権構造から動くから

窮屈になってくる。

応援 協力 だけ考えて行動してほしい。

それでなくとも 世の中 物騒な感じで動いているから…。

スノーデンの警告

ロシアに亡命している スノーデン

心配してくれています。

そしてスノーデンが指摘するように、情報通信産業は利益の追求という

「経済的インセンティブ」に突き動かされながら、

いまや世界の軍産複合体の中心部で、この広範な戦争と支配の構造を

下支えしている。

今のところ米国の戦場とはなっていない日本も、この戦争構造に組み込まれているし、現に監視の下にある。長年米軍基地を提供し、「思いやり予算」と日米地位協定で厚遇してきた日本ですら執拗に監視されてきたことは、スノーデンを驚かせた。ターゲット・トーキョーは、監視が「敵」や反対者に限らず、協力者や無関係な人々まで対象としていることを明確にした。

と、同時に、日本政府は米国の監視システムの被害者でありながら、今後、特定秘密保護法によって米国の世界監視体制を守る同調者として、日本で暮らす人々の通信データを横流しする共犯者、加害者としての性格を強めていくことを、スノーデンは憂慮している。

隠し事が出来ない世の中

個人情報とか言いながら 実は 筒抜け 丸見え

矛盾した日本

この ブログも 監視されている?

誰も見ていないか?

まあ のんびりのびのびと やらせてもらいます。

 

 - スポーツ, 社会現象

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

シン・ゴジラとNHK番組
やりすぎ都市伝説の嘘と誠
がん治療に足りない環境とは?
今年最後の新月 言霊
12月14日はスーパームーン
戦争は奴らが作っている
韓国 北朝鮮 やっぱり中国
世界が動いている!トランプだー!
ロシア アメリカ 中国 世界の動き
ストロベリームーン 観えている