ペガサス情報局

精神(こころ)も身体も何より健康が大事

*

書店 出版 書籍文化

   

ゆっくり

出張の仕事場へ向かう 慣れない道を歩きつつ

ふと なんでこんなに一生懸命 歩いているんだろう?と

疑問が湧いた。

少し 速度をゆるめて歩き出したら なんだか

今までの自分が 他人のように思えて

そんなに 頑張らなくてもいいんじゃない?と

言い聞かせました。

すると どこか 余裕が出てきて そうか もう少し

ゆっくり生きてみようか?とも思えるのでした。

どうせ どのみち もうすぐ その時は来るんだから

そんなに 何事も急がなくても いいか? みたいな気持ち。

ミクロ

数字とにらめっこの 根を詰めた仕事の途中

休憩のつもりで 覗いたFacebookで こんな写真に出くわした。

カタツムリの殻を顕微鏡で見る%e3%82%ab%e3%82%bf%e3%83%84%e3%83%a0%e3%83%aanc7fmmj_r

ちょっと信じられない画像

自然の驚異

カタツムリのあの殻が こんな複雑な

構造をもっているなんて えーっ?

なんだか とても感動してしまった。

ついでなので ほかにも 顕微鏡の世界を

覗きたくなって こんなサイトを見つけました。

電子顕微鏡で見るミクロの世界

これは たまりません。何とも妙な世界。

「ハエの眼」はずいぶん昔に理科の授業か何かで

観た記憶があります。

「DVD」ディスクの表面も 面白い。

何時間でも 観ていたかったけど 仕事に戻りました。

書店

そう ふと我に返って 今の仕事に係わる こんな記事も気になる。

リアル書店は消えるのか?

1999年に2万2,296店あった書店数は、2014年には1万3,943店に急減。

そういえば 町の小さな書店も古本屋さんも どんどん消えていく。

あと10年もしたら ほとんど淘汰されて 「読書」と言う文化は

様変わりして 聴くだけの文化かな?

いや そんなことはないな 「紙の本」が無くなることはないかな?

人間の眼が見えている限り。

文字を目で追うこと自体が 楽しいもんですから。

ただ やはり 書籍が置いてある場所だけの本屋さん

では これからは だめですね。

日本人のライフスタイルが 今後 どのように変化していくかを

先読みして 或いは 書籍文化の変遷を 先導して

新たな文字文化を作り上げていかないと 出版という世界が

行き詰ってしまうわけです。

本はなくならないけど 読み方 売り方は どんどん

変化していくということです。

 

 

 

 

 

 - 社会現象

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

朝DSC_0828
プレミアム・フライデー
朝DSC_0780
「依存」から「自立」へ そして「貢献」へ
新大将007
たけしのスポーツ大将 おもしろい
%e6%96%b0%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%af144699272129822975179
「ザ・ウォーク」ちゃんと観ました
三島欠点DSC_0748
明治150歳の今年の日本
北海道4B2NL6JS_20170603105530
北海道が中国の北海省に?
%e5%8e%9fo04550720586b2f1cc2f69
青山学院 原監督のメッセージ
新月ダウンロード
獅子座の新月 あなたの願いは?
%e6%ba%80%e6%9c%88uportcocoloni_2207_0
ワールドカップに近づいた!
新バシャールecdataimage
バシャール 自分を生きる