ペガサス情報局

精神(こころ)も身体も何より健康が大事

*

花粉対策 生活習慣

   

花粉

自分は それほど 酷い花粉症ではないですが

廻りには 可哀想なくらい 鼻を真っ赤にして

ズーズー苦しんでいる人が たくさんいます。

子供の頃は それほど いなかったようにも思えますが

1960年ごろから 一挙に増えだしたようです。

今の春先の時期は やはり スギ ヒノキ ハンノキ類の

花粉が多く舞っているようです。

一体何が原因? 一概には言えないのでしょうが

食事 つまり 食べ物の影響は かなり あるのでは?

とも言われています。

5人に1人が花粉症 悪化させた食べ物 改善する食べ物

1 国策とした杉の植林によるスギ花粉の急増

2 アスファルトが多いから花粉の行き場がなくなって都会を中心に花粉症が増加

3 排気ガス・放射性物質・農薬などと花粉が結合し、花粉症が増加

4 欧米食や農薬・添加物が増加したことによる、腸内環境悪化によるアレルギー疾患の増加

5 精神的ストレスとの関連性

そうです ここでいう 4と5 が気になるところです。

添加物による アレルギー疾患の増加 

精神的ストレスとの関連性

〇乳製品の摂取・・一日1度は乳製品を摂取していた。(牛乳、生クリームなど)

〇添加物の摂取・・食品添加物の入ったチェーン店の安価な食品や市販のパンなどを摂取。

〇小麦類の摂取・・パン食中心だったころが最も悪化。

〇砂糖類の摂取・・甘いものが大好きで一日1箱くらいのチョコレートを食べていた。

ほら 食生活 大いに関係ありそうです。

最近の人は 本当に甘いものに目がないようですから。

〇睡眠不足・・遠い学校だったため、平均睡眠時間は5時間から6時間以内。

〇花粉の多い環境・・周りは林に囲まれた地域だったので花粉の量はたいへん多かった印象。

〇ストレスの多い環境・・人間関係やストレスの多い環境。

ストレスの全くない生活はあり得ませんが

それにしても いつの間にか こころに余裕のない

生活を繰り返す傾向にはあります。

では せめて どんな食べ物を摂取するのが良いのか?

●ビタミンC

●ロー・マヌカハニー

●玄米コーヒー

●味噌汁ほか発酵食品

●良質なオイル

●プチ断食

なるほど 断食ですか?

いずれにしても 生活習慣と食生活ですね。

さあ いつまで 今年は楽しめるのか?

桜の季節がやって来ました。

今年は じっくり 観察してやりますよ。

もしかすると もしかするから。

 

 

 - 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

記事DSC_1111
食道がん手術の難しさ
新イメージscreen1136x1136
世古利彦のしくじり先生に感激
新バリウムmedical_igan
今日は胃カメラ 明日はバリウム
マイクDSC_0880
マイク加藤氏の明るさに救われました
ちぇるimag6_6
風呂の日?いえ、チェルノブイリです
新ペガ20120512_45632
第2クール開始 使命を忘れるな
タワー2 DSC_0041
子供心の複雑さ
%e6%9c%88dsc_0388
OGIKUBO ROCK FESTIBAL
%e3%83%9f%e3%83%84%e3%83%90%e3%83%81%e2%91%a101550-450x337
ロイヤルゼリーの希少価値
新里o0799062413852343242
執念の取組 稀勢の里おめでとう