ペガサス情報局

精神(こころ)も身体も何より健康が大事

*

がんが自然に治る生き方

   

サッカー

梅雨入り宣言後 初めての雨らしい雨

朝から トイレが近くて困ります。

今日は サッカーワールドカップ予選 イラク戦がありますね。

難しい試合になるでしょうが この一戦を勝ち抜ければ

大方 見えてきますが 怪我人も多いので悩ましいです。

個人的には 乾選手と久保選手に 頑張ってほしい。

先日も 孫たちがサッカーをやろうと誘ってきますが

まだ 部屋の中での ボール遊びで誤魔化せます。

早く 運動場でも サッカーが出来る位に 体力回復を

しておきたいなあ と 真剣に考えるジジです。

自然な生き方

来週20日の手術を控えて 抗がん剤治療の副作用が

まだ 完全には抜けきらない身体ですが 今 読んでいる

『がんが自然に治る生き方』ケリーターナー著

は その内容に いちいち納得の内容で驚かされます。

・抜本的に食事を変える

・治療法は自分で決める

・直感に従う

・ハーブとサプリメントの力を借りる

・抑圧された感情を解き放つ

・より前向きに生きる

・周囲の人の支えを受け入れる

・自分の魂と深くつながる

・「どうしても生きたい理由」を持つ

以上の第1章から第9章までの構成ですが最後の第9章

「どうしても生きたい理由を持つ」から読み始めました。

その気持ちが 大事だなあ と改めて感じ入りました。

抗がん剤治療で 身体的にも精神的にも酷く落ち込んだ時には

「もういいや 早く楽にしてくれ」などと ついつい後ろ向きな

気持ちになりましたが 人間 諦めたら終わりです。

まだ 全編読み終えておりませんが 今日読んだ第2章

「治療法は自分で決める」の中に登場する 寺山心一翁のお話は

私が 抗がん剤治療で苦しんでいた時期に 思い描いた心持ちと

瓜二つでした。

・なぜ 癌になったのだろう? と

・癌と闘っても勝てない いや 意味がない

の二つが そのまま登場します。

がん細胞も 自分の細胞です。自分が作り出した子供です。

自分の一部です。対話するんです。許しを乞うのです。

有難うと がん細胞に伝えるんです。

そうすると その原因が見えてくのです。

それから 日の出前42分の 鳥たちのささやき も

印象に残りました。

がんが消えなくてもいいんです。

消えなくても一緒に生きていくことが出来るのです。

こんなに 感動的な本に巡り合えて 感謝です。

 

 - スポーツ, 健康

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

雲DSC_0195
裸足歩行 久々の経験
新ポノpono2015_03
ホ・オポノポノ ありがとう
%e6%98%bc%e2%91%a0dsc_0308
エンプティカロリーの恐怖
電車DSC_0171
ワールドカップ予選敗戦スタート
朝DSC_0127
楽しかった2週間 4年後に期待
胃カメラ5720548
手術前の胃カメラ検査
%e9%81%8bdsc_0356
10月10日の意味 想い出
ツリーDSC_0065
萩野選手 金メダルおめでとう!
タワー2 DSC_0041
子供心の複雑さ
ストレッチillust744
仙骨 ストレッチ バシャール