ペガサス情報局

精神(こころ)も身体も何より健康が大事

*

来年の今日までは生きていたい

   

ほぼ1年間、投稿をサボりました。
去年の3月に宣告された「食道がん」との闘いの1年でした。
4月からの抗癌剤治療のあと、6月に手術をして
入退院の繰り返し、
9月に正式退院して、ほっと一息ついたのもつかの間、
12月に、肺に転移、胸のリンパ節に再発
治る筈だった、がんは、姿かたちを変えて
私の体に住み着き、今や、カロチノイド症候群という
全く別の、全身がんに生まれ変わっております。
担当医師は、肺に転移した癌は、もう事実上
手の施しようがなく、手術の仕様もなく、
成り行きを見守るしかないという。
カロチノイド症候群という病は、放って置くと
消化器系に悪さをし、下痢の症状が止まらなくなる、
今も毎月、お尻に太い注射を打って
様子を見ている状況。
抗癌剤治療の際の、全く食べられない、
寝たきり状態のときよりは、今は、ずーっとマシですが
先の見えない不安に、大袈裟に言えば、苛まれています。
ネガティブに捉えれば、暗澹たる気持ちに落ち込むわけですが
いずれ、やってくる「死」をじっと待っているわけにも行かず
しかも、担当医が言うには、「呼吸困難で死ぬことになる」と
はっきり言うわけです。
最近の病院は、ガン宣告もあっさり、あなたこれで死にます、もあっさり。
あまりにあっけらかんなので、拍子抜けします。
こちらは、いろいろ準備もあり、じーっと死ぬのを待つだけでは
家族、親戚に大迷惑がかかります。
なんだかなあ~?
今後の寿命もはっきりわからずに、準備をするって
難しいですね。
今月、ある団体に行ってきます。
そこでは、もう見放された癌患者たちが、何人も
奇跡の生還を遂げているそうです。
医者、医療に見捨てられた人達の拠り所。
覗いてきます。あまり変な期待はしていません。
来年の今日、年号が変わっているはずですが
生き残っているかどうかは、わかりません。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
上を向いて歩こう 大往生 永六輔さん
no image
コンビニシステムvsオーガニック志向
no image
イカスミ タコスミ BOSE YAMAHA
no image
日本の危険な世界一6選
no image
後悔の筆頭は旅しなかったこと!?
no image
アカデミー賞と若い才能
no image
レディ・ガガのイマジン素晴らしい!
no image
中国 南シナ海 ひとりっこ政策
中村紘子さん 逝く!
no image
錦織選手惜しかった!雪辱はウインブルドンで?